薬剤師のIターンの不安を解消する方法について

薬剤師Iターンの不安を解消するには!?

薬剤師に限らずIターンを決断する際には大きな不安が付きまとうものです。事前にこの不安をどれだけ解消できるかがIターンを成功させるうえでの最大の鍵といってもよいでしょう。

薬剤師のIターンの不安を解消するためにはとにかく情報収集をしっかり行っておくことです。これは転職先の候補を探すための情報収集に限らず、転居先となるエリアの情報も含まれます。というよりこの2つは分かちがたく結びついているといってもよいでしょう。薬剤師の場合、エリアによって就職・転職の選択肢がかなり異なってくるため、エリアの情報収集がそのまま転職先探しと深く結びついてくるからです。

まずはIターン先の薬剤師の求人事情を確認しておきましょう。地方によって求人事情には大きな違いが見られます。調剤薬局の比重が圧倒的に高いところもありますし、病院薬剤師の需要が高いところもあります。都市部では医薬分業の推進によって病院薬剤師の需要が減少傾向を見せていますが、地方ではまだまだ高い需要を維持していることが多く、病院で勤務したいと思っている方にとって魅力的なエリアもあります。一方都市部では製薬会社や治験関連の業務など薬剤師の職場の多様化が進んでいますが、地方部ではそれがまだ十分に進んでおらず転職の選択肢が限られてしまう面もあります。これまで勤務してきた業種によってはIターン先で転職先が見つからないケースも考えられるのです。

この点に関しては「オーバースペック」と呼ばれる問題もあります。高いスキルやキャリアを積み重ねてきた方が地方ではそれを活かす機会に恵まれず、能力に見合わない収入・ポストでしか転職できないパターンです。こうした問題を抱えないためにもそれぞれの地域の薬剤師の求人事情を把握しておくことが欠かせないわけです。

エリアの情報収集に関してはやはり転居先としての面も確認しておくことができます。いわゆる「水に合う」ような地域かどうか。職場の環境がよくても日々の生活の中で地域にうまく溶け込めないようではIターンが成功したとは到底いえません。地方には地方の風習や土壌がありますから、価値観があまりにも異なるとうまく溶け込めないケースもあるのです。この点は地方自治体のUターン・Iターン支援のためのサービスをうまく利用するなどして情報収集を行っていきましょう。

Iターンとは職場を変えるだけではなく生活環境そのものを一変させる大事な決断です。不安を完全に払拭するは無理でしょうが、こうした準備を行うことでかなり軽減し、期待を持って新生活に望むことができるようになるはずです。

薬剤師Iターンの求人を探すならココ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む