既婚で薬剤師Iターンについて

既婚で薬剤師Iターンをする

既婚で薬剤師Iターンをする場合には家庭環境や生活状況をよく踏まえ、それにあった職探しや住居探しを行っていく必要があります。

まずどのような理由でIターンをすることになったのか、女性の担い手が多い薬剤師の場合、夫の転勤が原因でIターンをするケースも見られます。また夫にとってはUターン、本人にとってはIターンというケースも少なくありません。その場合にはあくまで夫の都合を優先したうえで住居探しを行っていくことになりますから、転職活動は一通り新生活の準備が済んでから、ということになります。つまりそのエリアに住み始めてから情報収集などを行っていくことになりますから、比較的情報を入手しやすいのです。ネットで情報収集を行うのはもちろん、新居周辺に調剤薬局やドラッグストアなど転職先の選択肢となりそうなところがどれだけあるのかを直接確かめてみるのもよいでしょう。

一方あくまで自分の都合でIターンをする場合には移住先探しや住居探しと並行して転職先探しを行っていく必要があります。故郷に戻るUターンならともかく、Iターンの場合は引っ越してある程度落ち着いてから再就職先を探すといった悠長なことはできませんから、基本的には仕事先を決めたか、かなり絞り込んだ状態でIターンをする形になります。つまり実際に引っ越すエリアから離れたところに住んでいる段階から求人探しや転職活動を行っていくことになりますから、いかにうまく情報収集を行っていけるかが重要なポイントとなってきます。これは単によい求人情報をたくさん集められるかどうかの問題ではなく、ひとつひとつの求人を深く掘り下げていける求人を見つけられるかどうかの問題となります。職場の立地条件、通勤環境、そして就業環境と職場の雰囲気。待遇面は申し分ない職場でも人間関係などの雰囲気がよくないために長く働けないというケースも少なくありません。Iターンして就職したはいいものの職場になじめずにすぐに退職してしまう、といったことがないためにも、念入りな情報収集を心がけていきましょう。

家族の都合も考慮したうえで転居先を決めていくことも大事なポイントです。本人にとっては暮らしやすい地域でも家族にとっては、とくにお子さんにとってはよくないエリアかもしれません。またお子さんが好む好まないの問題以前に治安などの環境で適さないケースも考えられます。学校から帰宅する際に夜人気のない暗い場所を通らなければならない、近くに図書館や公園、児童館といった公共の施設がないといった環境は既婚のIターン先としては適しません。

既婚の薬剤師Iターンはこのように複雑な事情をすべてクリアしたうえで行う必要があります。

薬剤師Iターンの求人を探すならココ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む