薬剤師Iターンの住居について

薬剤師Iターンの住居について

薬剤師に限らずIターン転職を目指す場合には住居探しの問題が付きまといます。職を変えるだけでなく生活環境そのものを一変させたうえで移住先で新生活をスタートさせるわけですから、職探しと同じくらい、場合によってはそれ以上に住宅探しに力を入れる必要があります。

とくに家庭をお持ちの方は自分の都合だけでなく家族の都合や希望も考慮したうえで住居を探していくことになります。とりわけお子さんがいらっしゃる場合には教育環境、治安環境なども考慮し、安心して生活できることが大前提です。本人の通勤の便だけでなく家族の通勤・通学の利便性を考慮する点も大事なポイントとなるでしょう。地方へのIターンではこの通勤の利便性が大きな問題となるケースも少なくありません。単に交通手段が不便なだけの問題ではなく、お子さんが帰宅するときに人気が少ない暗いを道を通らなければならなくなるなどの不安も出てくるからです。こうしたさまざな点を考慮したうえで総合的に配慮して住むエリア、そして住居を決めていくことになります。

薬剤師のIターンの場合は思い切って住居の近くにある職場を探すという選択肢もあります。調剤薬局・ドラッグストアに転職先を絞ればそれも十分に可能です。自分の通勤の問題がなければ家族の環境を最優先にして住居探しを行っていくことができます。この点が薬剤師のIターン転職における最大のメリットとなるでしょう。一方車通勤が可能な求人を探すのも選択肢の一つです。通勤の途中にお子さんの送り迎えができればベストです。この場合は調剤薬局・ドラッグストアよりも病院薬剤師の方が環境に恵まれている傾向が強いため、近くに薬剤師の需要がある病院があるエリアから住居を探すのも選択肢となるでしょう。

Iターンでの転居となると住宅補助などの手当・補助制度をうまく活用したいと考える方も多いはずですが、薬剤師に関してはあまりこうした制度は期待しない方がよいかもしれません。こうした制度が充実している職場よりもこれまで取り上げてきた通勤の利便性や立地条件を重視した方がよいですし、手当の有無や充実度よりも待遇や就業環境を優先するべきです。いくら住宅手当が充実していても連日残業、休日も思うように取れないといった職場では新しい住居での生活にうまくなじめなくなります。

Uターン、Iターンを推奨している地方の自治体では住居探しに関する支援制度や情報提供を行っているところもあります。移住を検討している自治体のホームページで具体的な内容を確認しておくのも忘れないようにしましょう。

薬剤師Iターンの求人を探すならココ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む