薬剤師Iターンのリスクについて

薬剤師のIターン転職のリスクとは

薬剤師のIターンのリスクには、移住した土地が自分に合わないということがあげられます。Iターンというのは都心部から地方へ移住して仕事をするというスタイルです。そのため、今住んでいる場所から地方へ生活拠点を移さなければいけません。生活拠点を移すというのは大変なことです。普通引越しをする時には、今まで住んでいた場所からそれほど遠くない場所を探すということが多いものですが、それは住み慣れた土地から離れないためです。

Iターンでは思い切って遠くへ行くことになります。そうするとそれまで住んでいた土地とは全く違った習慣や近所づきあいの仕方のある場所へ引っ越すことになるかもしれません。単身者の場合であればそれでも自分一人の問題ですのでどうにかなるかもしれませんが、家族での移住となるとそれこそ大変なことです。自分一人の問題ではなくなってきますので、奥さんが近所づきあいに馴染めそうかどうか、子供の学校の様子はどうか、など様々な点を考慮しなければいけなくなってきます。

もしも移り住んでからその土地の特性が合わないということになってしまうと、そこで暮らしていくことが苦痛になってしまいます。せっかく地方で暮らすことのメリットを存分に楽しもうと思っていても、閉鎖的な地域であったり近所の家庭に干渉し過ぎる地域であったりした場合、それができなくなってしまうということもあるのです。しかもこのように合わない場所に移住してしまった場合でも、「合わないからやめます」では済まされません。既に薬剤師として働き始めているわけですし、以前に住んでいた場所も、簡単には戻れないはずです。

地方への憧れが強くIターンを希望する人の中には、よく調べもせずに移住して「思っていたのと違った」と落胆する人もいます。失敗できないことにチャレンジするのですから、リスクはできる限り減らしていかなければいけません。Iターンの先として考えている地域が合うか合わないかというのは充分にリスクヘッジすることができる事柄です。

例えば休日にその地域へ行ってみるというのは絶対にしておきたいことの1つです。インターネットや書籍などで地域について調べてみても、実際のところはほとんど分からないようなものです。そこに住んでいる人の気質や地域独特の習慣などは、実際に訪れてそこに住む人々と会話してみないと実感として感じることができないからです。転職ということを考えると焦ってしまう気持ちも分かりますが、Iターンをする場合にはできるだけ入念に下調べをするようにすべきです。

薬剤師Iターンの求人を探すならココ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む