独身で薬剤師Iターン転職について

独身で薬剤師Iターンをする

薬剤師のIターンは独身か既婚かで事情が大きく異なってきます。独身の場合は基本的には自分の都合だけで転居先や再就職先を決めればよいわけですから、やりやすいといえばやりやすいといえます。ただその場の勢いや希望で決めてよいというわけにはいきません。転居先でいい職場にめぐり合えなかった場合、Iターンそのものが失敗してしまう恐れがありますし、そこから新たに立て直すといってもなかなか難しいからです。とくに都市部から地方へのIターンを目指す場合、生活環境の変化を考慮して行わないと新天地で思わぬ不便を味わうことにもなりかねません。

独身でIターンをするということはまったくなじみのないエリアにひとりで生活の再スタート切る形になります。それだけにその地域との相性が重要な鍵となります。Iターンの転職先の待遇面だけで決めてしまうとこの点で躓いてしまうことも多いのです。まず生活の利便性の問題があります。独身で一人暮らしをする場合には買い物などもすべて自分で行うことになります。近くにスーパーやコンビニがあるかどうか。また通勤環境も大きな要素です。駅から近い職場かどうか、車通勤が可能かどうかといった基本的な部分だけでなく、帰りの夜道が安全かどうかなど治安環境にも着目する必要があります。薬剤師は女性の担い手が多い職業だけに治安状況はとくに重要なポイントとなるでしょう。もっと踏み込んで考えれば転居先でどのような人間関係を築けるかどうかも考慮しておきたいところです。近所づきあいはもちろん、地域社会に溶け込めるかどうか、さらに友人や異性との出会いの機会があるかどうか。独身でのIターンにはこうした点をよく考慮しておかないと仕事ではなく日々の生活の中で孤独や疎外感などに苦しめられる恐れが出てきます。

求人探しについてはキャリアの継続がどれだけできるかが最大のテーマとなるでしょう。既婚の場合は家庭生活との両立が大事なテーマとなりますが、独身の場合は薬剤師としてのキャリア形成を優先したうえで求人探しを行っていくことになります。都市部から地方へのIターンで大きな問題となるのは転職先の選択肢が狭まってしまうことです。製薬会社や医療機器メーカーといった都市部には多い求人も地方になると一気に少なくなってしまい、思うように見つけられないケースが出てくるのです。その結果これまでせっかく培ってきたキャリアを思うように活かせない職場への転職を余儀なくされてしまうことも。

このように、独身でIターン転職をする場合にはひとりで新生活をはじめて薬剤師としてのキャリアを積み重ねていくことを考慮して準備を行っていくことになるでしょう。

薬剤師Iターンの求人を探すならココ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む