薬剤師Iターンの現状について

薬剤師のIターンの現状とは

薬剤師のIターンの現状とは、都心部と比較してどうしても求人件数が少ないということがあります。地方は薬剤師の職場として代表的なドラッグストアの数が都市部よりもぐっと少なくなっていますし、調剤薬局の軒数もそこまで多くありません。それに加えて製薬会社なども少ないので、企業で働く薬剤師の求人も少なくなっています。そのため、どうしてもたくさんの求人の中から合うものを選ぶということはできません。

求人数が圧倒的に少ないという事情から、薬剤師としてこの仕事に従事したいという希望が明確に決まっている人の場合には、それに見合う求人を探すことが難しいかもしれません。特に製薬会社で研究職に従事したいというように考えている場合には、Iターンで仕事を探すことは至難の業になってきます。しかし、だからといってIターンで薬剤師として仕事をすることができないかというとそういうわけではありません。

なぜなら薬剤師の職場である病院や調剤薬局は全国各地どこにでも必ず存在するからです。そのため、病院や調剤薬局で働きたいと思っている人の場合には、比較的スムーズに転職することができるはずです。ただし、この場合にも求人の件数自体は都心部と比較して少ないのが通常です。細かな条件などで選り好みをしていると応募できる求人がなくなってしまうということはあるかもしれません。

地方で働くということになると、どうしても給与の水準が都心部よりも低くなってしまうことがほとんどですが、薬剤師の場合にはそうとも言えません。なぜなら、地方の場合薬剤師の募集をかけてもなかなか人が集まらないということがあるからです。それでも薬剤師は絶対に必要な人材ですので、やってきてもらうために高いお給料を設定しているところも多いのです。そのお給料は、場合によっては都心部で働くよりも好条件ということさえあります。つまり、Iターンをうまく活用すれば、昇給しながら転職することができるというわけです。

地方の薬剤師はその数自体が少ないので、働き始めるととても大きな責任を課せられるということもあります。昇給することも可能ですが、果たさなければいけない責任とお給料とのバランスという点も見ながら決めていかなければいけません。薬剤師のIターンの現状は、決して有利なことばかりではありません。しかし、自分がどういった仕事をしていきたいのかを考え、うまくそれと見合った職場が見つかると、昇給できる可能性もありますし、満足のいく働き方で仕事をすることができるようになります。

薬剤師Iターンの求人を探すならココ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む