薬剤師Iターンの30代応募歓迎求人事情について

30代応募歓迎勤務の薬剤師Iターン求人を探す

多くの業種では「35才が転職できるリミット」と言われています。一方薬剤師に関しては「20代歓迎」という転職情報はそれほど多くなく、むしろ「30代の経験者歓迎」という転職情報が非常に多く見られます。その主な理由としては「薬剤師は経験やスキルが重視され、体力やOA事務能力はそれほど必要とされない」という点が挙げられるでしょう。特に高齢化が顕著になっている地方では、薬剤師の需要が大きく求人数は増加傾向にあるものの、応募する人の数はあまり伸びていない、というのが現状です。また現在働いている薬剤師の高齢化という問題も生じてきています。こうした状況を改善するため、Iターン転職希望者を対象とした求人、特に「30代応募歓迎」という高待遇の求人が非常に多くなっています。

30代の薬剤師が都心で転職先もしくは就職先を探そうとする場合、調剤薬局であれば年収は400万円から500万円程度、比較的待遇が良いとされるドラッグストアーで常勤の薬剤師として働く場合でも500万円前後の年収が相場とされています。「薬剤師の資格は持っているものの調剤経験がほとんどない」というケースでは年収が400万円を下回る雇用条件を提示されることもあり得ます。一方地方へIターン転職すると、30代であっても年収600万円から700万円を提示されるケースが数多く見られます。また「時間外勤務なし」や「土日完全休」などの条件を提示していたり、「住宅手当」や「家族手当」などの特別手当を手厚く支給していることもあります。

とはいえ、30代でIターン転職を考えているなら、前もって考慮しておくべき重要な点が1つあります。それは「キャリアパス」です。「いつか製薬会社で新薬の開発に携わってみたい」「大きな病院で管理薬剤師として働きたい」という希望を持っている場合、Iターン転職することでその目標達成に近づくのかどうかを吟味しておくのは大切なことです。地方都市で勤務することには「都心と比べて自分の時間を取り分けやすい」というメリットはあるものの、そこで薬剤師として新たな経験を積むことができるか、キャリアアップやスキルアップにつながるかどうかは不確実です。また高齢者が多い地域で働く場合、調剤するものがいつも似通ったものばかりになる、という可能性もあります。ですから「自分の理想とするキャリアパスはどのようなものか」「Iターン転職で薬剤師として成長できるのか」といった点を考慮しておくのは適切な事と言えるでしょう。

薬剤師Iターンの求人を探すならココ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む