薬剤師Iターンのキャリアアップ求人事情について

キャリアアップ勤務の薬剤師Iターン求人を探す

「地方に移動してしまったらもう薬剤師としてのキャリアアップは望めないのでは」と不安に感じる人は少なくないようです。薬剤師として働いている人の中には「首都圏」と「地方」の間に何らかの格差があるように思いこんでいる人が多く、それが原因となってIターン転職をためらってしまう、というケースもあります。ただし実際には「地方に行ったことでさらなるキャリアアップができた」という人が非常に多くいます。その背景としては「人材不足」と「高齢化」という2つの要素が関係しています。

首都圏の調剤薬局や門前薬局では勤務している薬剤師の人数が多いため、業務内容は完全分業制となっているケースが大半です。一方地方の薬局では就業している薬剤師の人数がとても不足しています。とはいえ薬局を訪れる人の数そのものは首都圏とほぼ変わりません。そのため地方の薬局で働く薬剤師は、調剤業務や患者への服薬指導だけでなく在庫管理や製薬会社への発注作業など、多岐にわたる局内業務も担当する必要があります。これが結果として「薬剤師としてのスキル向上」に寄与するわけです。

そのように実務経験を積むことで「管理薬剤師」として働くチャンスも大きくなっていきます。ですから「Iターン歓迎」という薬剤師求人の多くに見られる「短期間でスキルアップが望めます」という記載は決して大げさなものではないのです。この地方特有のメリットをIターン転職者の誘致に利用しているケースも多々あります。例えば岩手県や石川県などでは複数の薬局チェーンが「短期間でスキルアップして管理薬剤師を目指したい人を歓迎します」という触れ込みで求人情報をアップしています。

地方の各都市では居住者のうち高齢者の占める割合が引き続き高くなっており、秋田や島根では65歳以上の人口比がおよそ3割という高い数値になっています。こうした変化に合わせて、広くチェーン展開している薬局の中には介護に必要な医薬品の販売を伸ばすため、訪問介護サービス事業を始めたり、デイケアサービス業者と提携して事業を拡大するケースが増えてきています。結果として薬局で働く薬剤師も介護事業に関する知識や介護用の医療機器などに精通するようになり、これがさらなるキャリアアップにつながっていくわけです。「キャリアパスを短期間で大きく前進させたい」という人はこれらのメリットを念頭に置いて、Iターン転職を選択肢の1つとしてみるのも良いでしょう。

薬剤師Iターンの求人を探すならココ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む