薬剤師Iターンの製薬会社求人事情について

製薬会社勤務の薬剤師Iターン求人を探す

「製薬会社」と聞くと東京や横浜などの都心にオフィスや研究所を構えているイメージが強いため、「地方へのIターン求人なんてとても見つからないだろう」と考える方は多いようです。とはいえ、近年はより自然が多く環境の良い場所にラボや研究所を移設、もしくは新設する製薬会社が多くなっており、結果として製薬会社のIターン求人はここ数年増加してきているのです。

「製薬会社で勤務する薬剤師」と聞くと、新薬の開発に携わっている様子を思い浮かべる人は多いでしょう。確かに開発業務に携わる人も少なくないものの、正式な開発チームにメンバーとして加わるためには豊富な臨床経験と薬品に関する深い知識が必要とされています。そのため製薬会社に就職すると大半の薬剤師はまず「医薬品情報担当者(MR)」や「臨床開発モニター(CRA)」として勤務します。MRは新薬の開発と連動して働く専門職で、自社の開発した医薬品に関する情報を医師や看護師などの医療関係者に提供するのが主な仕事内容です。

この仕事を円滑に進めていくためには、医薬品に関する幅広い知識だけでなく、営業としての経験や技術も求められます。ただし医療関係者の都合が良い時間に訪問する必要があるため、週末出勤や長時間残業しなければならないケースも多くなります。特に病院などの医療施設が密集し、競争が激しい首都圏でMRとして働くというのは容易なことでありません。CRAとして勤務する場合も同様です。CRAは治験のスケジュール管理や治験参加者のフォローが主な仕事です。とはいえ一口に「治験」といってもさまざまなタイプのものがあり、1日で終了するものもあれば、半年かかるものもあります。

また参加者の都合に合わせて週末や夜間に実施することもあるので、その都度CRAは自分の忙しい予定を調整して治験のサポートを行わなければならず、都会で働くことのストレスも重なって体調を崩してしまう、というケースも珍しくありません。

「製薬会社で働いてみたいけど、拘束時間が多くて仕事が大変そう」「MRの仕事を続けたいけど、忙しすぎてとても体がもたない」という人たちの中には「環境が良い地方の製薬会社にIターン転職したい」という希望を持つ人が増えています。地方では医療機関の数が首都圏ほど多くはないため、製薬会社で勤務する場合でも比較的自由な時間を取ることが可能となります。また規模の小さな研究所で働く場合には新薬の開発に携わるチャンスも広がるというメリットがあるのも魅力です。

薬剤師Iターンの求人を探すならココ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む