薬剤師Iターンの土日休み求人事情について

土日休み勤務の薬剤師Iターン求人を探す

薬剤師がIターンもしくはUターン転職を考える大きな理由の1つに「土日に休みがもらえないこと」があります。首都圏のドラッグストアでは処方箋の24時間受け付けが一般的になってきているため、それに合わせて薬剤師もローテーション勤務を求められるケースが増えてきています。また週末は買い物客が増えるのでますます休みはもらいにくくなります。総合病院内や門前薬局で働く場合も同様で、土日のどちらか1日は出勤しなければならないのが普通です。こうした状況は地方であってもそれほど大きく変わらないとはいえ、よりフレキシブルな対応をしてもらえるケースが多いようです。キーワードは「シフト」と「製薬会社」です。

地方のドラッグストア、特に東北や九州では従業員のシフトを「月曜から金曜」と「土日限定」に分けていることが多く、Wワークを希望する薬剤師や、配偶者の扶養控除内に収入を収めるため週末だけ働きたいという薬剤師が土日に勤務するケースが多く見られています。また愛知県では「土日には薬剤師を置かない」というドラッグストアーが多いとされています。ですからこうした地方に絞って情報を探すことで「土日休み」という条件に合った求人が見つけやすくなるでしょう。

ただし土日休みが保証されているケースでは、採用時の雇用形態が「パート」や「アルバイト」もしくは「派遣社員」となっていることが多いので注意が必要です。特にパートやアルバイトとして勤務する場合には「薬剤師としての資格手当は支給されるのか」「やがて正社員雇用する予定はあるのか」といった点を事前に確認しておくなら、不要なストレスを抱えずに済むことでしょう。

「Iターン、土日が休み」という条件で求人情報を探すと製薬会社からの募集が数多くヒットします。もし企業内の管理薬剤師もしくは新薬の開発担当として採用されるのであれば、土日祝日の休みをもらえる可能性はかなり高いと言えます。ただし営業を担当するMRや治験の運営を行うCRAとして採用された場合には、週末出勤が必要となる可能性があるので、事前に確認しておくことをお勧めします。とはいえ、首都圏の製薬会社と比較すると、週末に休みを取れる確率は格段に高くなります。

この他にも商店街にある中小薬局や面分業薬局などで「土日休み」を条件に薬剤師の募集が行われており、採用形態は基本的に正社員となっています。ただし「資格手当」や「家族手当」などが支給されるかどうかはオーナーの判断にかかっており、求人情報には記載されていなこともあるので、気になる場合は事前に必ず電話して確認しておきましょう。

薬剤師Iターンの求人を探すならココ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ進む